ウーマン

角栓除去をしておけば肌のトラブルを防げる

洗顔の基礎知識

婦人

肌に負担をかけない方法

間違ったスキンケアは乾燥肌やインナードライ肌の原因となります。スキンケアの基本は洗顔です。洗顔の仕方が間違っていると、肌に負担がかかるので要注意です。メイクを落とすときは、肌に優しいミルクタイプかクリームタイプのクレンジングを使うのがお勧めです。またはオリーブオイルでオフするという手もあります。オリーブオイルなら100%無添加なので肌に優しく、最小限の負担でスキンケアができます。一般的に大量生産されている洗顔フォームには、強い脱脂力があります。肌にとって必要な皮脂やセラミドを落としてしまい、乾燥肌が悪化します。乾燥肌にいいのが、無添加の固形石鹸です。固形石鹸なら洗浄力が弱く、皮脂やセラミドを落としすぎないので、乾燥肌対策にぴったりです。乾燥の予防できれば、ニキビ、シミ、シワの予防にも繋がります。固形石鹸はよく泡立ててから使用します。泡立てネットを使うと便利です。いきなり顔に泡をつけるのではなく、まずはぬるま湯だけで前洗いをしておくのが基本です。そうすれば少ない負担でしっかり汚れが落とせます。泡の弾力を使ってこすらないように洗い、その後しっかりすすぎます。洗う時もすすぐときも水かぬるま湯が基本です。熱い熱湯だとそれだけで皮脂やセラミドを流してしまうので注意が必要です。しっかり泡を洗い流したら、清潔なフェイスタオルで水分を拭きとり、すぐに化粧水でスキンケアをします。洗顔後30秒で乾燥が始まるので、すぐに基礎化粧品でスキンケアをするのがポイントです。